年収1000万円の医師や経営者専門の結婚相談所

bride 女性が婚活で男性に求めるものは、ズバリ年収ですよね。

ルックスがよくても、年収が低いと、
途端にアプローチする意欲が減退していくのを感じるはずです。

それもそのはず、結婚とは女性にとって、
お相手次第で成り上がれる、一生に一度のチャンスとも言えます。

まぁ、そんなに打算的でないにしても、
日常生活の質は、やはり経済力に依存している以上、
年収が多いに越したことはありません。

年収1,000万円専門の結婚相談所

ハイクラスで、1,000万円の年収が証明されないと入会できない結婚相談所、
というのがあります。

女性にとっては、ぜひ入会したいですよね!
人気の相談所を3つ書いておきます。

1、フェリーチェ
2、クラブオーツー
3、誠心

これら結婚相談所は、主に医師など高所得なハイクラス専門の相談所です。
最低でも、年収1,000万円ですから、女性からすると必ず押さえておきたい相談所だと思います。

でも、年収1,000万円を望むのであれば、
女性は何を持っているのですか?っという対価が要求されるのは、自然の摂理だと思います。

それは何でしょうか?

女性は若さが要求される

年収1,000万円の男性ともなると、かなり重要が多いです。
女性が殺到するという意味です。

ハイクラス専門の結婚相談所では、
男性が非常に安価な料金設定で、女性が高額という会社もあるようです。

年収1,000万円とは、それだけ希少な存在で、婚活市場の中では価値があると言えます。
つまり、競争が激しく、獲得にはそれ相当のスペックを、女性自身が持っていないと無理だということになります。

年収1,000万円の人数割合は?

政府、国税庁の「民間給与実態統計調査2014年」によりますと、
全就労人口の内、年収1,000万円以上の人数は、3.9%となっています。

約4%として、100人の内4人という少ない激戦区に
女性が殺到します。

そして、女性の多くはまず、年齢で足切りされます。

婚活しているハイスペック男性の要望は、ズバリ年齢です。

女性が年収を求めるのと同じ感覚で、男性は女性に年齢的な若さを求めます。
また、年齢が条件とマッチしていると、ルックスを重視します。

このフィルダーをすり抜けていかないと、年収1,000万円の男性には届きません。

チャンスはある!

とはいえ、全くチャンスが無いかというと、そうではないです。

年収1,000万円の男性の中には、見た目がしょぼい人もいます。

明らかにモテないだろうな、という人。
彼女いない歴が、年齢だとうな、という人。

こういう男性は、いくら年収1,000万円だとはいえ、
女性は積極的にアプローチしませんので、あるいみチャンスです。

何が何でも年収にこだわりたい場合は、
ルックスや年齢を捨てて、ガッツリと年収1,000万円だけをみて男性を獲得する貪欲さも必要だと思います。

まとめ

本来は、年収1,000万円で、ルックスもよく、若くて、優しく、人間味に溢れ、
結婚後も妻と子どもを一番大事にしてくれる、そういう男性がいれば言うことなしですよね。

でも、全てを兼ね備えた人間は、なかなかいないものです。

年収1,000万円を取るなら、他のものを諦めるなど、
婚活には、現実的な取捨選択も必要だと思います。

年収1,000万円を実際に狙う婚活をするのか、どうか。
それは、さておき、ハイクラスの結婚相談所に資料請求だけしてみてから、決めても良いのではないでしょうか。

資料請求なら、簡単にできますもんね。