年収600万円婚活

婚活で高年収の男性は浮気症なのでしょうか?

05 婚活において高年収の男性は人気があるのは、事実です。
やはりなんといっても、女性はまず年収で男性を評価します。

単に経済的な側面というのもありますが、
高年収ということは、それだけ努力型の人であり、人格もある一定以上の人物として遜色ない、という見方です。

つまり、人間として尊敬できる部分を持っている、あこがれの人、
という意味もあろうかと思います。

高収入男性は、自分に自信がある

高収入の男性は、総じて自分に自信があると言えます。

男は稼ぐことで自分の存在価値を示すことができるので、
高年収となると、自信を持つのも理解できます。

自信のあるポジティブ志向の男は、
女性から見て、魅力的に感じると思います。

それは、どの女性が見ても、同じような印象を持つのではないでしょうか。

そうなると、異性との接点さえあれば、
その男性に惹かれる女性がそばにいる以上、浮気に発展する可能性は高まります。

また、高収入となると、外食などお付き合いも多く、
時間さえ許せば、自由にどこへでも出かけていける経済力がありますから、
さらに異性との接点が増える可能性が高まります。

男性的視点でいうと、いつでもどこでも、
女性を狙っているハンター的な本能がありますから、誘惑があれば、それに打ち勝つのは、難しいと言えます。

だからこそ、高収入な男性ほど、浮気症になりやすい、
ということが言えるのかもしれません。

もちろん、全ての購入集の男性が浮気症だと言うわけではないのは、
当然のことですが、可能性は高くなるのは仕方がない、と言うわけです。

まとめ

高収入男性は、女性からみて魅力的に見えるものです。

それは、誰であろうとほぼ同じ印象だろうと思うのです。
そうすると、ある程度はモテるのかな、というは容易に想像がつきます。

高収入男性を狙うのであれば、
ある程度は、覚悟をしておく必要があるのかもしれません。

あるいは、婚活している時点から、
浮気については絶対にNGで、どれだけ本気でそう思っているのか、
女性の側が男性に示す必要があると思います。

継続して何らかにストッパーが働かにないと、
男性は容易に誘惑に負けてしまう可能性があるからです。

ある意味、お金を持っていることの裏側として、
異性の誘惑はつきものだというのは、仕方がないのかもしれません。

女性のアタナは、男性視点での誘惑を、どのようにコントロールするべきだと思いますか?
ぜひ、教えてあげて下さい(^^)

高年収の婚活男性が求める女性像は若さですか?

02女性にとって婚活で男性に求めるものは、
高収入ですよね。

年収1,000万円というのは、ある意味憧れの基準値であり、
できれば、年収1,000万円の男性を獲得したいと誰でも思っていることでしょう。

ところが、高収入である男性は、
希少価値があり、当然人気がありますので、女性からのアプローチが殺到します。

そこで、男性はどのようにアプローチしてきた女性を
吟味するのでしょうか?


年収=若さ

女性が婚活で、男性に対して年収を求めるのと全く同じ感覚で、
男性は女性に対して、年齢で足切りをします。

つまり、若いほうが有利ということになります。

年齢だけで女性を判断するとは、失礼な話しだと思います。
しかし、婚活で、大勢の中から、自分の理想のお相手を選ぶためデータで足きりするしか方法がありません。

すべての人とお見合いは出来ませんから。

1,000万円まではいかなくても、
年収700万円とか、年収800万円という高収入の男性は、需要が優っている以上、主導権があります。

断る権利がある、ということですね。
その男性に選ばれるためには、第一に年齢。第二にルックスのキレイさ。

女性の場合は、これにつきます。
残酷なようですが、これが現実です。

逆に女性は、男性をほぼ年収で評価するのと、全く同じだとも言えます。

まとめ

高年収の男性を、婚活でゲットするには、若さが第一に大事だと
分かっていても、なかなか、求める理想を下げられない場合もあろうかと思います。

データマッチングにおいては、会員数が多い結婚相談所ほど、
高い理想の場合は、断れる回数が増え、婚活疲れをしてしまう可能性もあります。

より良い生活のための年収、経済力ですが、
全体のバランスを見つつ、ある程度現実に見合った選択をするのも、
結婚のためには大事なことかもしれません。

日常の幸せって、年収だけでは推し量ることが出来ませんからね。

経済面で、多少の不自由があっても、
子どもの成長を見るのは、人生の幸せで大きな部分を占めると思います。

それよりも、まずは結婚するために、
相談所で真剣度の高い人と、多くの出会いをつなげ、お見合いしてみる、ということが良いと思います。

婚活で年収600万円は仕事と家庭のバランスが良い男性ですか?

tips-to-have-good-relationship-with-your-husband 年収600万円の仕事となると、
特別に激務という訳では、なさそうです。

ちょうど程よい稼ぎと忙しさで、家庭にも時間を確保することができる、
バランスの良い生き方になるのではないでしょうか。

他の記事でも書きましたが、代表的な年収600万円の職業は以下のとおりです。
・行政書士
・税理士
・社労士
・ITコンサルタント
・プログラマー
・小学校の先生

ゆるめの仕事ではないにしても、特段激務で、常に仕事人間っという訳でもありません。

年収600 vs 年収1,000万円

年収600万円は、専業主婦になれるだけの収入>ですし、
上を見ればきりがありませんが、仕事とのバランスも良い数字だと思います。

収入は多いには越したことありませんが、
やはり、それには、代償が伴います。

年収1,000万円になると、収入は多くなり、
2014年の統計調査上では、100人の内4人しかいません。

人数少ないです。
つまり、年収1,000万円稼ぐのは、それだけ難しいと言えます。

更に言うと、年収1,000万円稼ぐためには、起きている時間の大部分を
仕事に投入する事によって稼ぎだすことが可能だとも言えます。

どういうことかというと、家庭を省みる時間がなく、
仕事人間に徹するぐらいでないと、年収1,000万円以上は難しいのではないでしょうか。

そうなると、年収600万円の男性は、
家庭とのバランスが良いというのが、見えてきます。

まとめ

女性にとって年収1,000万円とは、憧れの数字であり、
自分の親や親戚、友達にも胸を張って、年収1,000万円の男を獲得したと言えるトロフィーだと思います。

しかし、年収はある程度大事ですが、
年収1,000万円だけでは結婚という日常生活をサバイバル出来ませんよね。

これは、一つの考え方ですが、会社員だけが全てではないと思うのです。

例えば、小さい会社の経営者や自営業者。
会社員と違い、がんばればその分だけ、収入を倍々に伸ばすことは可能です。

会社員では、年々、倍々で伸ばすことは、ほぼ不可能です。
こういう見方から、自営業者や経営者の男性を狙う、という考え方もあるのではないでしょうか?

一般論として女性は、会社員で年収1,000万円の男性を狙いますから、
そこは、競争が激しくなります。

経営者や自営業者であれば、競争が少しは楽になるのかな、っと思います。

この辺りの情報は、実は結婚相談所は教えてくれます。
資料請求して、店舗へ無料カウンセリングへ行くという順番で、情報を吟味しながら
入会を検討すると良いでしょう。

年収1000万円の医師や経営者専門の結婚相談所

bride 女性が婚活で男性に求めるものは、ズバリ年収ですよね。

ルックスがよくても、年収が低いと、
途端にアプローチする意欲が減退していくのを感じるはずです。

それもそのはず、結婚とは女性にとって、
お相手次第で成り上がれる、一生に一度のチャンスとも言えます。

まぁ、そんなに打算的でないにしても、
日常生活の質は、やはり経済力に依存している以上、
年収が多いに越したことはありません。

年収1,000万円専門の結婚相談所

ハイクラスで、1,000万円の年収が証明されないと入会できない結婚相談所、
というのがあります。

女性にとっては、ぜひ入会したいですよね!
人気の相談所を3つ書いておきます。

1、フェリーチェ
2、クラブオーツー
3、誠心

これら結婚相談所は、主に医師など高所得なハイクラス専門の相談所です。
最低でも、年収1,000万円ですから、女性からすると必ず押さえておきたい相談所だと思います。

でも、年収1,000万円を望むのであれば、
女性は何を持っているのですか?っという対価が要求されるのは、自然の摂理だと思います。

それは何でしょうか?

女性は若さが要求される

年収1,000万円の男性ともなると、かなり重要が多いです。
女性が殺到するという意味です。

ハイクラス専門の結婚相談所では、
男性が非常に安価な料金設定で、女性が高額という会社もあるようです。

年収1,000万円とは、それだけ希少な存在で、婚活市場の中では価値があると言えます。
つまり、競争が激しく、獲得にはそれ相当のスペックを、女性自身が持っていないと無理だということになります。

年収1,000万円の人数割合は?

政府、国税庁の「民間給与実態統計調査2014年」によりますと、
全就労人口の内、年収1,000万円以上の人数は、3.9%となっています。

約4%として、100人の内4人という少ない激戦区に
女性が殺到します。

そして、女性の多くはまず、年齢で足切りされます。

婚活しているハイスペック男性の要望は、ズバリ年齢です。

女性が年収を求めるのと同じ感覚で、男性は女性に年齢的な若さを求めます。
また、年齢が条件とマッチしていると、ルックスを重視します。

このフィルダーをすり抜けていかないと、年収1,000万円の男性には届きません。

チャンスはある!

とはいえ、全くチャンスが無いかというと、そうではないです。

年収1,000万円の男性の中には、見た目がしょぼい人もいます。

明らかにモテないだろうな、という人。
彼女いない歴が、年齢だとうな、という人。

こういう男性は、いくら年収1,000万円だとはいえ、
女性は積極的にアプローチしませんので、あるいみチャンスです。

何が何でも年収にこだわりたい場合は、
ルックスや年齢を捨てて、ガッツリと年収1,000万円だけをみて男性を獲得する貪欲さも必要だと思います。

まとめ

本来は、年収1,000万円で、ルックスもよく、若くて、優しく、人間味に溢れ、
結婚後も妻と子どもを一番大事にしてくれる、そういう男性がいれば言うことなしですよね。

でも、全てを兼ね備えた人間は、なかなかいないものです。

年収1,000万円を取るなら、他のものを諦めるなど、
婚活には、現実的な取捨選択も必要だと思います。

年収1,000万円を実際に狙う婚活をするのか、どうか。
それは、さておき、ハイクラスの結婚相談所に資料請求だけしてみてから、決めても良いのではないでしょうか。

資料請求なら、簡単にできますもんね。